【延期後開催のお知らせ】 東北大会:アイリスオーヤマ第6回プレミアリーグU-11 チャンピオンシップ2021

ジュニア年代における国内最大規模のサッカー年間リーグを行っているプレミアリーグU-11実行委員会(委員長 幸野 健一)は、コロナ禍のため延期となっていた東北5県の代表が一同に集う「アイリスオーヤマ第6回プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2021東北大会」を、令和3年7月31日(土)、8月1日(日)の2日間、宮城県女川町総合運動公園・町民多目的運動場および町民第二多目的運動場にて開催いたします。

女川町に東北5県の精鋭が集結

U-11年代の1年間をかけたリーグ戦の年間チャンピオンが一同に集う全国大会として、昨年4月に宮城県女川町で開催予定でしたが、コロナ禍の影響で中止にせざるを得ませんでした。

今年もコロナ禍の影響が収まらず、全国大会開催は断念、日本を5地域に分けて開催することになりました。

東北大会についても、当初、3月末に開催予定でしたが、宮城県緊急事態宣言のため、7月31日(土)、8月1日(日)の2日間に延期となりました。

本大会は、福島、宮城、青森のこれまでプレミアリーグ開催3県と、岩手、山形の4月よりプレミアリーグを新たにスタートした2県からもチームが出場して開かれます。

東日本大震災からの復興を目指す被災地での開催は、多くの選手、スタッフ、その家族等の被災地訪問により、11歳という幼い選手たちに改めて10年前の自然災害の教訓に思いを寄せる機会を、また被災地域の住民には子供たちの明るい笑顔により復興への誓いを新たにできる機会を提供いたします。

大会概要

  • 大会名:アイリスオーヤマ第6回プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2021 東北大会
  • 主 催:プレミアリーグU-11実行委員会
  • 後 援:女川町 石巻サッカー協会 女川町観光協会
  • 特別協賛:アイリスオーヤマ株式会社
  • 期 日:2021年 7月31日(土) 予選リーグ / 8月1日(日) 決勝ラウンド
  • 会 場:女川町総合運動公園 町民多目的運動場および町民第二多目的運動場
    (宮城県牡鹿郡女川町女川浜大原190)

出場チーム:東北5県から計12チーム

  • 宮城県: ベガルタ仙台ジュニア、岩沼西サッカースポーツ少年団、FCアルコ、ACジュニオール、COPAMUNDIAL FC SENDAI jr
  • 福島県: ESTRELLAS.FC、アストロン
  • 青森県: リベロ津軽SC、青森福田SSS、FCトゥリオーニ
  • 山形県: 鶴岡Jr Football Club
  • 岩手県: RENUOVENS OGASA FC

女川町長 須田 善明 様 コメント

「『アイリスオーヤマ プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2021 東北大会』を女川町で開催させていただけることを心より喜んでおります。昨年は全国大会が新型コロナウイルス感染症拡大防止のため中止となってしまいました。未だ収束が見えない中、本大会は幸野委員長を筆頭に、サッカーやスポーツを愛する皆さんが理念と熱量をもってこのコロナ禍でも頑張ってこられたと思います。競技スポーツ・生涯スポーツのどちらの面でも、参加した若きプレイヤーにとって自身のキャリアに「女川」という場所での経験がポジティブなものとして刻まれるよう、開催地としてしっかりお支えし、盛り上げていけるよう取り組んでまいります。」

東北大会 応援メッセージ動画

 

>>大会公式ページ