【2/27(土)オンライン開催】幸野健一×カレン・ロバート 新時代サッカー育成対談「元Jリーガー経営者はなぜグラウンドを作るのか?」

2/27(土)にオンラインにて、新時代サッカー育成対談「元Jリーガー経営者はなぜグラウンドを作るのか?」が開催されます。

プレミアリーグU-11実行委員長の幸野健一と元U-22サッカー日本代表/ROVERS FC代表のカレン・ロバート氏が登壇いたします。

参加費は無料となります。

ぜひご参加ください。

イベント詳細

日本では、民間のクラブチームがサッカー専用グラウンドを保有しているケースは珍しい。しかし、サッカーが盛んなヨーロッパでは、むしろサッカークラブがグラウンドとクラブハウスを持っているのは当たり前のことだ。それは、「ソフト」と「ハード」のどちらを優先しているかという考え方の違いにある。

日本ではまず、トップチームを立ち上げ、選手を集めて強化し、カテゴリーを上げることでクラブの拡大を目指す。その過程でサテライト、ユース、ジュニアユース、スクールなど、アカデミー事業へと展開するが、往々にして壁にぶつかってしまう。

トップチームの成績が伴わなければスポンサーを獲得できず、人気や認知も上がらず、選手も定着していかないのだ。

だが、本来クラブづくりとは、真逆の順番で進めるべきではないのか。

グラウンドがあり、良い環境を整えることで選手が集まり、良い指導者を呼んで強化ができる。クラブに基盤があることで、アカデミー事業をはじめ、スポンサーに頼らない利益の循環を生み出すことができるのだ。

強いクラブをつくるなら、ソフトよりもハードに投資すべき──。

そんなメッセージを打ち出すのが、「アイリスオーヤマU-11プレミアリーグ」の実行委員長・幸野健一氏であり、自身は2013年に自前の人工芝フルピッチのサッカー場を持つFC市川GUNNERS(旧:アーセナル サッカースクール市川)を設立し、ハードを軸にした育成を続けてきている。

それと同じようにハードの重要性を打ち出すのが、元U-22日本代表・カレン・ロバート氏である。

カレン氏は現役時代の2014年からクラブ経営に乗り出し、現在の房総ローヴァーズ木更津FCのオーナー兼選手としてクラブを発展させながら、2020年には、念願の人工芝のサッカー場「ローヴァーズドリームフィールド」をオープンした。

両クラブ経営者の共通点は、手始めにグラウンドをつくったこと。そしてこれこそが、育成に不可欠だと考えていること。海外のスタンダードを日本で実現する2人が、新時代の育成をリードする育成論を繰り広げる!

【日時】

2021年2月27日(土)20時〜21時30分
※19時45分頃から待機いただけます
※60分から最大90分程度を予定しております

【内容】

  • 新時代サッカー育成対談!「元Jリーガー経営者はなぜグラウンドを作るのか?」
  • 質疑応答
    ※内容は事前に変更となる場合があります

【出演者】

  • 幸野健一(こうの・けんいち)
    プレミアリーグU-11実行委員長/FC市川GUNNERS代表/サッカーコンサルタント
  • カレン・ロバート
    元U-22サッカー日本代表/ROVERS FC代表

【ファシリテーター】

  • 北健一郎
    サッカーライター/ホワイトボードスポーツ編集長

お申し込みは下記イベントページからお願いいたします。

【12/12(土)オンライン開催】幸野健一×守山真悟 新時代サッカー育成対談「勝利は本当に大事なのか?」

12/12(土)にオンラインにて、新時代サッカー育成対談「勝利は本当に大事なのか?」が開催されます。

プレミアリーグU-11実行委員長の幸野健一とプレミアリーグU-11関西地域委員兼大阪府実行委員長の守山真悟が登壇いたします。

参加費は無料となります。

ぜひご参加ください。

イベント詳細

育成年代にトーナメントは必要ない。リーグ戦こそ選手を育てる──。そんなメッセージを打ち出し、公式戦が少ない小学5年生にリーグ戦の経験を積ませることを目的に2015年から始まったのが「アイリスオーヤマU-11プレミアリーグ」。現在は全国33都道府県で開催され、400チーム、7000人以上の小学5年生が、年間を通してプレーする日本最大の私設リーグへと拡大してきた。具体的には「試合に出られない選手をつくらない」ためのルールを採用することで最低限の出場時間が確保され、選手が何より求めている試合経験を積むことができる。その結果、選手が少しずつレベルアップし、日頃の練習の質が上がっていくため、チーム自体がどんどん強くなっていく。参加チームの指導者からは、「全員を出したほうが強くなる」というリアルな実感がいくつも届いているという。しかし、リーグ戦の重要性はまだ浸透しきっていない。目先の勝利だけにこだわる指導者の“勝利至上主義”は、育成年代のトーナメントやリーグ戦に横行している。勝利は、本当に大事なのか?うまい選手を固定し、うまい選手だけが試合に出ているよりも、チーム全員が出場しているチームのほうが、長い目で見たときに強くなれる。そうした重要な価値をさらに広げていくことは、育成年代、ひいては日本サッカーの未来を変えることにつながるに違いない──。そうしたメッセージを伝えるのは、プレミアリーグU-11実行委員長・幸野健一氏と、同リーグ大阪府実行委員長・守山真悟氏。両者が、同リーグに参加するすべての指導者や選手の保護者に向けて、勝利至上主義ではない、リーグ戦の本当の大切さを語り合う!

【日時】

2020年12月12日(土)20時〜21時30分
※19時45分頃から待機いただけます
※60分から最大90分程度を予定しております

【内容】

  • 新時代サッカー育成対談!「勝利は本当に大事なのか?」
  • 質疑応答

【出演者】

  • 幸野健一(こうの・けんいち)
    プレミアリーグU-11実行委員長/FC市川GUNNERS代表/サッカーコンサルタント
  • 守山真悟(もりやま・しんご)
    プレミアリーグU-11関西地域委員兼大阪府実行委員長/RIP ACE SOCCER CLUB代表

【スペシャルゲスト】

  • 内野智章(うちの・ともあき)
    興國高校サッカー部監督

【ファシリテーター】

  • 北健一郎
    サッカーライター/ホワイトボードスポーツ編集長

お申し込みは下記イベントページからお願いいたします。

全国に先駆けてプレミアリーグ佐賀U-11が開幕!

6月20日(土)に佐賀県では全国に先駆けてプレミアリーグ佐賀U-11が開幕いたしました。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が延期となっておりましたが、今シーズンは、新たに佐賀県と愛媛県が加わり、全国33の都道府県にて、リーグ開催に向けた準備が進められております。

プレミアリーグ佐賀U-11、第1節の試合結果はこちらからご覧ください。

プレミアリーグ佐賀U-11

 

【中止のお知らせ】アイリスオーヤマプレミアリーグU-11チャンピオンシップ2020 女川町大会

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、2月27日に政府からの小中学校の全国休校要請があった事を受け、標記大会の大会延期の判断をしました。
その後、年内開催に向け検討を進めて参りましたが、国内外での感染者数はさらに拡大し、未だ予断を許さない状況にあることを鑑み、参加者・地域住民の安全や健康を第一に考え、断腸の思いで大会の中止することを決定しましたのでお知らせいたします。
本大会を楽しみにお待ち頂いていた出場チーム、女川町の皆様、また開催に向け、多大なるご尽力とご協力を賜りました実行委員会、各関係機関並びにリーグ加盟チームの皆様には、心よりお詫び申し上げます。
皆さまには、事情をご賢察のうえ、ご理解を賜りますよう、何卒よろしくお願いいたします。

プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2020実行委員会

 大会実行委員会 会長  幸野 健一

【延期のお知らせ】アイリスオーヤマプレミアリーグU-11チャンピオンシップ2020 女川町大会

この度、標記大会が4月1日~3日まで宮城県女川町を会場に開催される予定でしたが令和元年12月以降、新型のコロナウイルス(2019-nCoV)に関連した肺炎が発生し、国内でも患者や無症状病原体保有者が各地で確認され終息の見込みがたっておりません。
主催者として会場地等と協議を重ねた結果、この状況悪化に鑑み、また2月27日に政府からの小中高校の全国休校要請があったことを受け、断腸の思いでありますが「アイリスオーヤマ プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2020」を延期(時期未定)する決定をいたしました。
本大会を楽しみにお待ち頂いていた出場チーム、女川町の皆様には、心よりお詫び申し上げます。事情をご賢察のうえ、ご理解いただきたくお願い申し上げます。また開催に向け、多大なるご尽力とご協力を賜りました実行委員会、各関係機関並びにリーグ加盟チームの皆様には、あらためて御礼を申し上げます。
延期先の日程がまとまり次第、再度開催のご案内をさせていただきたいと考えておりますので、今後もご支援をお願い申し上げます。開催直前のご案内となり誠に申し訳ございませんが、皆さまにはご理解を賜りますよう、何卒よろしくお願いいたします。

プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2020実行委員会

 大会実行委員会 会長  幸野 健一

「U-11チャンピオンシップ2020」宮城県女川町での開催を決定! 全国31都道府県リーグの代表チームが集結、日本一を競う!

ジュニア年代における国内最大規模のサッカー年間リーグを行っているプレミアリーグU-11実行委員会(委員長 幸野 健一)と宮城県女川町(町長 須田 善明)は、31都県の代表が一同に集う「アイリスオーヤマ プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2020」を令和2年4月1日(水)、2日(木)、3日(金)の3日間、女川町総合運動公園・町民多目的運動場と町民第二多目的運動場にて、共催することを決定いたしました。

女川町でのU-11年代の最高峰の大会開催へ

これまで、U-11年代の1年間をかけたリーグ戦の年間チャンピオンが一同に集う全国大会として、千葉県市川市にて開催してまいりましたが、開催都道府県の拡大に合わせ、U-11年代の国内最高峰の大会として宮城県女川町での開催へ移行することになりました。
東日本大震災からの復興を目指す被災地での開催は、約1,000名 の選手、スタッフ、その家族等の被災地訪問により、11歳という幼い選手たちに改めて8年前の自然災害の教 訓に思いを寄せる機会を、また被災地域の住民には子供たちの明るい笑顔により復興への誓いを新たにできる機会を提供いたします。

右:プレミアリーグ宮城U-11 実行委員 隅田 翔
中央:女川町長 須田 善明 様
左:プレミアリーグU-11 実行委員長 幸野 健一

 

女川町長 須田 善明 様 コメント

『アイリスオーヤマ プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2020』を女川町で開催させていただけることを心より喜んでおります。本大会は幸野委員長を筆頭に、サッカーやスポーツを愛する皆さんが理念と熱量をもって手作りで育まれてきた大会であり、今後、育成年代が各地のリーグ戦を経て最初に目指す全国規模の重要な大会として明確に位置づけられることになります。育成年代に対する考え方や大会趣旨に大いに共鳴させていただきながら、競技スポーツ・生涯スポーツのどちらの面でも、参加した若きプレイヤーにとって自身のキャリアに「女川」という場所での経験がポジティブなものとして刻まれるよう、開催地としてしっかりお支えし、盛り上げていけるよう取り組んでまいります。

プレミアリーグU-11 実行委員長 幸野 健一 コメント

31都道府県の代表が集まるチャンピオンシップを女川町で開催する事で、約1000人もの選手、スタッフ、家族が被災地に集まり、その爪痕を改めて体験することにより、自然災害の教訓に思いを寄せる機会を、また被災地域の住民の方達には明るい子供たちの笑顔を届けると共に、1000人もの宿泊といった経済的な効果も期待されます。東北初の全国大会がこの女川町で定着することによって、4種年代では、「U-12は鹿児島を目指し、U-11は宮城を目指す」といったスローガンが定着するように私たちが頑張って育てていきたいと考えています。サッカー界がこういうことができることを日本の多くの方たちに知っていただくことで、サッカーが、スポーツが日本の中で文化になっていくことを信じています。

 

大会概要

  • 大会名:アイリスオーヤマ プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2020
  • 主催:プレミアリーグU-11実行委員会
  • 共催:女川町、女川町教育委員会
  • 特別協賛:アイリスオーヤマ株式会社
  • 期日:令和2年4月1日(水) 〜4月3日(金)
  • 会場:女川町総合運動公園 町民多目的運動場および町民第二多目的運動場(宮城県牡鹿郡女川町女川浜大原190)
  • 参加チーム数:31都道府県代表チームおよび浙江緑城足球倶楽部(中国)の計32チーム

栃木SC U-12がU-12 ジュニアサッカー ワールドチャレンジ2019に出場、ベスト16進出の活躍!

2019年8月29日(木)~9月1日(日)の4日間、大阪府にて『U-12 ジュニアサッカー ワールドチャレンジ2019』が開催されました。
32チームが参加したこの大会には、「アイリスオーヤマ第4回プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2019」の優勝チーム、栃木SC U-12がプレミアリーグU-11を代表して出場いたしました。
栃木SC U-13は、グループリーグを3戦全勝、1位通過で決勝トーナメントに進出し、残念ながら1回戦で北海道コンサドーレ札幌U-12に敗れたものの、最終順位で13位となる活躍を見せました。
大会は、ナイジェリア代表の優勝にて幕を閉じました。詳細・結果につきましては、ぜひ大会の公式ホームページをご覧ください。
Continue reading “栃木SC U-12がU-12 ジュニアサッカー ワールドチャレンジ2019に出場、ベスト16進出の活躍!”

【メディア掲載】サカイク『Jクラブのコーチも絶賛! 全国31都府県参加のプレミアリーグU‐11創設者に聞くリーグ戦が強化につながる理由 』

ジュニアサッカー(少年サッカー)の保護者向け情報サイト『サカイク』に、プレミアリーグU-11実行委員会の委員長・幸野のインタビュー記事が掲載されました。
本リーグは年間を通して拮抗した相手と真剣勝負するリーグ戦の整備こそ日本サッカー界の喫緊の課題と捉え、4年前に7県からスタートいたしました。
今季は新規に北海道、青森、宮城、福井、京都、奈良、鳥取、島根、岡山、広島、福岡、宮崎の12県が増えて31県、350チーム、7,000人、1,500試合を行う日本最大の私設リーグへと発展して参りました。

今回、委員長の幸野が改めてリーグ戦の意義をお話しさせていただきましたので、ぜひご一読ください。

アイリスオーヤマ(株)とスポンサー契約を締結、 2019年度より「アイリスオーヤマ プレミアリーグU-11」に

プレミアリーグU-11(実行委員長:幸野健一)はアイリスオーヤマ株式会社(本社:仙台市、代 表取締役社長:大山晃弘)とスポンサー契約を締結し、2019年3月30日〜31日に実施したプレミア リーグU-11チャンピオンシップ2019、及び2019年度のプレミアリーグU-11の冠スポンサーとなり、リーグ戦名は「アイリスオーヤマ プレミアリーグU-11」となります。
プレミアリーグU-11は都道府県単位で実施されるU-11年代(小学5年生)のサッカーリーグで、ノックアウト方式のトーナメントではなく、世界大会に繋がる年間リーグを全国の都道府県にトッ プレベルのクラブが集うリーグを整備し、将来活躍する選手の育成と全ての選手が試合を楽しめる ことを目指しています。2015年度に7都県でスタートしましたが、年々増え続け、2018年度は20都 府県で開催。さらに2019年度は約30都府県になる見込みです。
また、2020年3月の都府県リーグの優勝チームが出場する全国大会「プレミアリーグU-11チャンピオンシッ プ2020」は宮城県で開催する予定です。東日本大震災からの復興を目指す被災地での開催は、約1,000名 の選手、スタッフ、その家族等の被災地訪問により、11歳という幼い選手たちに改めて8年前の自然災害の教 訓に思いを寄せる機会を、また被災地域の住民には子供たちの明るい笑顔により復興への誓いを新たにで きる機会を提供します。
アイリスオーヤマ(株)は2010年度よりLED照明及び人工芝といったスポーツ施設の設備を製 造・販売開始し、サッカー分野に進出しています。同社は、日本のスポーツ産業の活性化に貢献す るとともに、宮城県の企業として東日本大震災の歴史と記憶を後世に繋いでいく役割を担うという ことで、今回のスポンサードにつながったものです。

右:アイリスオーヤマ(株) 取締役 スポーツ施設事業本部長 石田敬様
左:プレミアリーグU-11 実行委員長 幸野健一

プレミアリーグU-11 実行委員長 幸野健一コメント

日本サッカー協会は2005年宣言以来FIFAランキングベスト10に日本が入ることを目標していますが、達成は程遠い状況です。FIFAランキングベスト10の国々の女子やシニアを含む全てのサッカー選手をそ の国の人口で割った競技者人口比率は約6%以上あります。しかし日本は3.8%で、これは世界50位以下 の数字です。過去この低い数字の国がベスト10に入ったことはなく、ここに入るには、6%が最低線とい うことになります。そのために何が必要かというと全てのカテゴリーで競技者人口を倍にしなくてはい けないということです。
しかし、現状は小学生の競技者人口は世界的に見ても多いのに、年齢が上に行くにつれ、どんどん辞 めていって、大人になったらサッカーを続けている人間が少なくなってしまうということです。辞める 原因の大きなものにベンチに座ったままで、毎週公式戦に出られなくてつまらない。というものが挙げ られます。ではなぜそうなるのか?とくに4種年代における大会至上主義によって、1試合の価値が高く なりすぎ、負けられない試合が多くなるからです。選手も親も指導者も熱くなって、レギュラーを固定 しがちな状態になるわけです。サッカー選手である以上、全ての選手が毎週末に公式戦を戦う権利があ るはずで、事実、欧州や南米では、全ての国でリーグ戦が浸透しており、年間約30試合のリーグ戦が行 われています。
今私たちに求められることは、一度サッカーを始めた子供達が一生楽しくサッカーライフを続けてもらうこと ではないでしょうか?そのためにこそその入り口である4種年代にサッカーを大好きにしてあげる義務があり ます。私たちのプレミアリーグU-11は3ピリオド制を採用して全ての選手が試合を楽しめるようにしました。そ の上で強化を図って、チーム力を上げていくという一見二律背反することを、その間の中でもがき苦しみなが らやっていくのが指導者の役目だと思っています。
プレミアリーグU-11は発足4年間で日本各地で共感をいただき、大きな成長を続け、来年度は冠スポン サーとして、アイリスオーヤマ(株)という大企業を迎え、新たなステージに入ります。「U-12は鹿児島を目指し、U-11は宮城を目指す」というようなスローガンが4種年代で定着するような活動を目指していきます。全ての 子供達が幸せそうに毎週末、日本各地のピッチで楽しそうにサッカーできる日が来ることを夢見て、どうか私 たちを応援してください。

栃木SC U-12が初優勝、延長戦で前年王者のFCパーシモンに逆転勝利!

3月31日(日)、「アイリスオーヤマ第4回プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2019」の決勝ラウンドが行われ、決勝戦では、前年優勝の神奈川県代表・FCパーシモンと栃木県代表・栃木SC U-12が対戦、延長戦の末、栃木SCが逆転勝利し、初優勝を飾りました。
優勝の栃木SC U-12は、8月に開催される“U-12ジュニアサッカー ワールドチャレンジ 2019”本大会へ、プレミアリーグU-11を代表として出場いたします。

 

決勝戦



1位トーナメント
Round 1 Round 2 Round 3
   
 
 
 
 
  
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
 
 
 
 
大会結果

優 勝 栃木SC U-12(栃木県)

準優勝 FCパーシモン(神奈川県)

第3位 八尾大正フットボールクラブ(大阪府)

第4位 Honda FC(静岡県)

最優秀選手賞 上野 瑛汰(栃木SC U-12)

得点王 斎藤 一馬(Wings U-12) 8得点

      渡邉 颯(バンディッツいわきFC) 8得点

ベストGK賞 佐久間 彪冴(栃木SC U-12)

>>プレミアリーグU-11チャンピオンシップ2019